突風 干し柿

ウチの北側には、八ヶ岳という連峰があります。

そのすそ野が、清里だったりして、

夏冬あまり関係なく、観光客が来るみたいです。

有機農法の栽培農家が沢山集まっている地帯でもあり、

地元のスーパーでは、特設コーナーなどで、八ヶ岳高原野菜が売られています。

いいことだらけのようですが、実は、八ヶ岳方向から吹いてくる北風

これが、きついのです。

地元民は、八ヶ岳颪(やつがたけおろし)と呼んでいます。

冷たい、乾燥したカラッ風です。

これが吹くと、いよいよ冬到来。

結構突風になるので、軽いものはコロコロ転がってしまいます。

今日も、午後から晴れたのは良いのですが、

カラッ風の突風が凄い!

鉢植えを、風の当たらないところへ移動させました。

でもね、これが無いと困るものもあるのです。

山梨には、特産品の枯露柿(ころがき)というのがありまして、

これは、百目柿(ひゃくめがき)という、大きな柿を干して作ります。

ウイキペディアからの引用です。

甲州百目は釣鐘形をした大型の不完全渋柿で、通常のものでも350グラムから400グラムほどになり、大きいものになると500グラム以上になる。百目の名称は百匁(約375グラム)から付けられたと言われている。

こんな感じなんです。リンゴほどもある柿です。

天候が暖かいと、大きい柿はカビが生えやすく、ダメになってしまいます。

冷たい空っ風が吹いてこその特産品です

今年は、おいしい枯露柿が出来そうですね。

高級干し柿として、お歳暮に遣うことが多いです。

山梨は、枯露柿の最高のブランド品、甲州市松里地区の枯露柿をご紹介

干し柿というよりは、高級スイーツの味わいです。ふふふ、美味しいですよ(^^♪