台風被害 保険 請求

イオンショップ


山梨は、あまり大きな災害がなく、台風も大体は外れてしまうのですが。。。

今回は、ちょっと風が出まして、玄関の鉢植えなどを避難させたりしました。

このブログを読んでくださっている方の地方は、いかがですか?

もしも、台風の被害にあわれたのでしたら、お見舞い申し上げます

結構大きな台風で、木造の一戸建ての方などは、屋根が。。とか、浸水が。。とかになった方が多そうです。


ところで、家屋には、火災保険をかけている方が多いと思います。

実は、わたくしジャスミンは、過去に損害保険を販売していたことがありまして。。いわゆる自動車保険とか、火災保険などで。。その道を少しばかりかじっています。

被害にあわれた方で、火災保険に加入していた場合は、意外に保険金が下りることが多いので、ちょっと書いてみようと思います。


マンションなどの場合は、鉄筋コンクリートなのであまり大きな被害はないと思いますが、

一戸建ての場合は、大なり小なり台風被害にあうことが多いですよね。

火災保険の適用というと、床上・床下浸水や、屋根の破損のような大きなものでないと請求できないと思っていませんか?

実は、台風が原因というだけで、トイが外れたとか、戸がうまく閉まらなくなったというような、ごくごく小さなことでも、請求ができる場合があります。


ただ、建物火災だけなのか、家財保険にも入っているのかによって違いますし、基礎を含んでいるかいないのか、門扉はどうかなど、何が適用するのかに関しては、知識がある程度ないとわかりづらいかもしれません。

大きい被害に関しては、加入の保険会社に連絡し、どこが被害にあったのか申告し、手続きを踏まれることをお勧めします。

ただ、被害といえるかどうか、正直わからなかったり、写真がどうのといわれると自信がなかったりする場合は、相談専門の会社に聞いてみるのも一つの方法です。

というのも、申請は、どんなに小さいものでもそれなりの手間がかかるからです。

例えば、

1.被災箇所を探す為に、ハシゴなどを使って屋根に登って調査しなければならない
2.傷が被災によるものか経年劣化によるものかの判別が必要
3.被災箇所を適切な角度で写真撮影する必要がある
4.申請可能な箇所を見落としてしまうリスクがある
5.被災箇所が、具体的にいつどの災害によって生じたものかを特定しなければならない
6.被害に見合った適切な額の見積書を作成しなければならない
7.保険会社・鑑定人とのやり取りを正確に行わなければならない

一念発起して、やりはじめたはいいけれど、こんな面倒だったのか。。。とポキッと心が折れてしまいがちです。

なので、「相談専門の会社に聞いてみては?」とおすすめするわけです。

この台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム をやっている、お家の保険相談センターでは、この手間をすべて引き受けてくれます。

調査の結果、保険金の請求ができる部分がなかったら、費用は掛かりません

でも、築5年以上たった一戸建ては、疲労が来ていますから、だいたいどこかは請求できる箇所があり、その結果、思いがけずに保険金が下りるようです。

保険金が下りた時には、その50%を支払います

高いと思いますか?

でも、自分ではできないことをしてくれて、やらずにいれば1円ももらうことがないお金

そう考えると、高くはないような気がします。

損害額が10万だった場合は、申請に係る手続き費用は作業員の日当も入れると、5万以上かかっちゃうかと。。。それなのに5万円もらえるのですから

火災保険は、火事だけではなく、台風、大雨、大雪、竜巻などの自然災害に関しても有効なこと、頭の片隅に入れておいてくださいね。

そして、もしも被害にあったと感じたら、台風・大雪・地震の物件被害調査プログラムなどを有効に使って請求してみて損はないと思います。

台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム