スポンサーリンク

年賀状印刷 

あともう少しで令和元年が終わり、新しい年が明けます。

あぁ、また年賀状の季節。

お宅ではどうやっていますか?

なにせ、若い時から手書きが面倒くさい。。。枚数があるのでね。

プリントごっこが出たときは早速買って、フラッシュを焚きネガを作り、手刷りで印刷したものです。

時はパソコンに移り、「筆まめ」そして「筆王

デザインなどが例年変わっても、住所録はそのままで使えるので、無料素材をダウンロードして、筆王にコピーし、宛名も印刷。

この頃はこればっかりです。

ほんとは、グレードアップしたものを使いたいのですが。。。素材集が結構いいんですよね。

ネットで簡単に更新できるので、今年はそうしてみるのもいいかな。。。なんて。

でも、私の年代の友人は印刷屋さんに頼む方が多く、スーパーに行ってチラシをもらっては頼んでいるんですよね。

まぁ、それもいいですね。

パソコンと違って仕上がり具合がいいですし、第一パソコンが苦手ならそうするしかないわけで。。。

今、印刷屋さんはネットに広告をだしている場合が多いです。

どんどん内容が良くなってきていて、ちなみにかんたん・速い・安心の「ふみいろ年賀状2020」なんかは、サポート体制がいいのに驚きました。

例えば、自分の提出した住所とか、気を付けていても間違えることがあります。

山﨑と書くべきところを山崎として出してしまったり。。。

そんな場合でも、再印刷してくれるんですって。

スーパーでお願いする印刷屋さんのチラシには多分このようなサービスはなくて、自分でそれ1枚だけ手書きするって感じですよね。

普通のイラストタイプなら、13時までの注文なら当日に発送されるというレスポンスもうれしいです。

また、ネット(パソコン)がよくわからない人も対応できる体制になっているのだそうです。

具体的には専任スタッフを配備していて疑問点や質問点にこたえてくれるようです。

住所の入力方法は、筆王に似ている感じです。

一度住所録を作ってしまえば、来年以降も対応してくれるので、面倒なのは1回目だけですね。

内容を詳しく知りたい方は、こちらから
かんたん・速い・安心の「ふみいろ年賀状2020」
11月29日まで、48%offのキャンペーンだそうです。

私はどうしようかな

やっぱ、筆王かな