スポンサーリンク

観光ガイド 通訳

イオンショップ

山梨は観光地ですが、この頃国際的になってきました。

スーパーなどで接客販売をしていると、日本人以外の方とお話する機会があります。

日本語風なことを言ってくれたりして、ホッとすることも。

例えば英語。なんて言っているのか、なんとなくわかるけど、それにどう答えたらいいのかわからず・・・つまり話せないってことです。

英語だけではない場合だってあります。中国語も、ハングル語さえ知らず・・・

多分私だけではないはず。

先日も、お土産屋さんで困っていた店員さんんがいましたもん。

2020年のオリンピックに向かって、おもてなしで受け容れようという気分はあるけど、実際通訳を雇い入れる予算はないし・・・とお悩みのお店や観光施設、多そうです。

でも、今の時代です。

何か、そういう人にも都合のよいサービスのようなものがないか探してみました。

そしたら、かなりカバーできそうなものが。

TRIP Phone (トリップフォン)と言います。

多言語対応チャットができるスマホの貸し出しシステムです。

TRIP PHONE Image

「AIに加えて、人間のリアルコンシェルジュとやりとりができるので、お客様(ゲスト)にTRIP PHONEをお渡しいただくことで、言語などの障壁を取り払い、ゲストの“困った”を解決します」・・・ですって

使うと便利という対象は、訪日外国人観光客を受け入れる事業者の方たち

具体的には、ホテル、観光案内所、商業施設、自治体、レンタカー、交通機関・・などなど

観光ガイドやレストランの予約、タクシーの配車など、言葉が通じなくて困った!を取り除いてくれます。

1台に付き1か月6000円で契約できる・・・マジですか・・安いんですけど

通訳を一人雇ったら、1日分の日当にもならない金額で、1か月使えるってことでしょ?

フロントに1台あれば、日本語しかわからないクルーでも、笑顔で接客(^o^)丿

中小企業には嬉しい価格です。

これからのインバウンドに備えるなら、お安いと思いますよ

英語、中国語、韓国語対応です。