スポンサーリンク

UCC 炭焼珈琲 BLACK無糖 味の違い 試飲結果

長いタイトルになってしまいましたが、昨日UCCのアイスコーヒー新商品のデモに行ってきました。

試飲結果をお知らせします。

試飲をかけたのは3種

新発売の「炭焼珈琲 無糖」、「炭焼珈琲 低糖」、そしておなじみの「BLACK 無糖

今回メーカーから宣伝してほしいといわれたのは、

1.炭でじっくりと焙煎

2.ネルドリップなので、クリアな味

3.パケージを斬新なデザインにした

でも、大体の方は炭焼き珈琲って、苦いというイメージです。

好きな方はいますが、ファンが多いとは言えないような気がしますから、受け入れられるのか心配

無糖と低糖があるのですが、低糖には牛乳を入れてもおいしいとのメーカー説明があったので、とりあえずこのようにしました。

トレーにこのように置いて手に持ち、おすすめしてみました。

これからアイスコーヒーを飲む方が多くなるので、興味はあるみたい。

結構飲んでくれました。

炭って遠赤外線が出るので、豆の中までじっくり火が通るから、豆のコクや香りがしっかり出るような。。

無糖を選んで飲んだ方に、BLACK無糖の同時テイスティングを勧め、味の違いを比較してもらいました。

こんなに味が違うもん?

ほぼ100%の方が味の違いに驚き、そのうち90%以上が「炭焼珈琲が好き」と答えました。

なんと、「BLACK無糖が薄く感じる」、「香りがすごくいい、レギュラー珈琲を飲んでいるようだ」、「すっきりしていて、飲みやすい」と口々に言うのです。

あら、やだ、メーカーが望んでいたコメントじゃん

半数以上の方が、「アイスコーヒーなのに、飲んだ後の喉に残る感じがない」といって、すっきりな喉越しをあげました。

低糖の方ですが、一般の約半分の糖分です。

同じ平台にあった他社の糖分が100㎖中4.7gでしたが、UCCの炭焼珈琲・低糖は2.4gだったので。

添加物なく、コーヒーとシュガーだけの表示なので、牛乳が入ってもすっきり感じるのかも。

チルド品ですが、冷蔵庫に入れておけば開封さえしなければ半年弱くらいは持つので、買いおいても大丈夫でした。

パケージの裏の日付が、9月だったので。

まるでレギュラーコーヒーをドリップしたような味だったので、やるもんだと思いました。

売れたのは、炭焼無糖、低糖がほぼ同数

BLACK無糖も販売しましたが、こちらは2本売れただけだったので、ほとんどの方が炭焼を選んだという結果になりました。

うちは例年ドリップで夏でもホットなのですが、たまにはアイスコーヒーも飲みたいので、これならレギュラー派の夫も飲むかも。。。と思って帰りました。

サイズは1㍑入りです。価格少しお高めの設定ですが、缶コーヒー4本分と思えば、そんなに高くもないので、こんなもんかな。。。ネルドリップだしね。

まだ、新発売なので、ネットにはあまり出ていませんでした。

いパッケージが無糖ベージュ低糖です。